スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「野良イモ」「火星」-温暖化を真剣に考えよう2

地球の発熱-温暖化を真剣に考えよう1

今回は「野良イモ」が増殖している事から温暖化を考えてみます。
十勝管内では前の年に収穫漏れしたジャガイモが越冬して雑草化するという「野良イモ」が多発しているようです。
北海道農業研究センター調べによると結果的には
「積雪時期が早まり冬に畑が深くまで凍らなくなったから」だそうです。

北海道の畑作は主に「ジャガイモ」「小麦」「豆」「ビート」を輪作することが多く同じ作物を連作することはほぼありません。
野良イモは土の養分を奪いジャガイモ特有の病害虫の発生を増やしてしまいます。
小さなものを全て取り除くのは手作業となり、非常に困難なことです。

本来なら十勝地方は雪が少なくて土壌の凍結が起こるので畑に残ったイモは凍り翌年に芽を出すことはありませんでした。
北海道の冬の気圧配置が崩れ、特に太平洋側では積雪が早く来るようになってしまったのです。
このため今までは行ったことのない除雪を行い土壌凍結を促進する工夫もしています。

北海道は寒帯には属するんですが、一番南にある寒帯なので、こういう温暖化の始まりには一番敏感に反応するのではないかなと思います。

ところで火星の温暖化が地球の4倍だという話が出てるんだけど
これって誰がどうやって調べたのかな

火星の温暖化が地球の4倍の速さで進行する理由 - フランス

鍵を握っていたのは「ホコリ」だった。

 火星表面の赤褐色のホコリ(dust)は太陽からの光と熱を反射する。この現象をアルベド(albedo)という。

 このホコリが強い風に巻き上げられると、地表の反射率が低くなり、大気に吸収される太陽からの熱が増え、気温が上昇する。アルベドによって強さを増した嵐がより大量のホコリを巻き上げ、その結果さらにアルベドが促進するという「悪循環」が発生しているという。


あれ?ゴミやホコリが増えると温暖化するんだ・・・
これって、今地球の隅々まで起こりまくってる問題だよね。
エベレストの上までゴミだらけな地球には耳が痛い話かも。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。