スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「気象病」注意報が出てます

北海道で短時間に気温急上昇か 気象協会が注意

日本気象協会北海道支社は20日、21日午前から午後にかけての短時間に気温が急上昇し、体調不良や気分が落ち着かないなどの「気象病」が起こる可能性があるとして、「車の運転や、夫婦げんかに注意を」と呼びかける異例の気象情報を出した。
 同支社によると、21日は低気圧が北海道の北を通り、前線が北海道上空を通過するため、午前中は全道的に雨が降る。しかし、午後は渡島・桧山地方を除いて晴れ渡り、フェーン現象が起こる見通しという。各地の予想最高気温は▽札幌、岩見沢18度▽帯広19度▽旭川、北見17度――などで、平年より4、5度高い。
 気象病は、気象の変化によって発病する現象を差し、「雨の日には神経痛がひどくなる」といった症状などが含まれる。同支社気象情報課は「急に環境が変化すると、人は体がついていけなくなる。フェーン現象の時、敏感な人はいらいらしがちになる」と説明している。21日夜には気温が下がるという


気象病について
気圧低下が組織のむくみやヒスタミンの分泌を促しそれが自律神経のバランスを崩したり、アレルギー反応を引き起こしたりするというのが定説だとか

確かに今日は朝寒いけれど、気温は高くなりそうな感じです。
お天気も良いし、湿度も無いし快適な一日になりそうなのに

上のサイトによると
対策としてまずむくみを防ぐために水分塩分のとり過ぎに注意し血行を妨げない服装をすること。そして筋力低下はむくみの原因となるため運動・ストレッチを普段から心がける、これは自律神経を鍛えることにもなります。入浴はむくみの軽減・自律神経の安定・血行改善等に特に有効です。天気予報を健康予報として病気の悪化予防の観点から情報を提供してくれるサイトもあります。台風や前線の備えには是非体の備えも加えてください。

他にも「季節病」って言うのもあって花粉症とかインフルエンザがそれに当たるようです。
急激な気象の変化って怖いですよね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。