スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

手作り「果実酒」の提供が酒税法違反で・・・のその後

手作り「果実酒」の提供が酒税法違反に

手作りの「果実酒」を宿泊客に提供していた北海道のペンションが、国税局に酒税法違反と指摘されました。手軽に作られる果実酒も、家庭で楽しむ以外は禁止という今の酒税法が8日、
国会でも議論となりました。

「これは昭和55年と書いてありますね。北海道では道南でしか採れない実だったんです。一番好きだったお酒ですね・・・」(ペンション経営者・池田郁郎さん)

北海道のニセコ町にあるペンションのオーナー、池田郁郎さん。池田さんは、27年前に趣味で始めた梅酒づくりをきっかけに、これまで野山でとれる200種類以上の果実を焼酎に漬け込み、宿泊客などにも提供してきました。
そんな池田さんに先月、突然訪れた税務署の職員が酒税法に違反しているとして、果実酒を廃棄するよう命じました。
「梅酒として自宅で楽しむのは問題にならない。ただそれを外に提供するのは禁止」(札幌国税局(酒税課)・荒川公宏課長補佐)

その場でほかの飲み物を混ぜ合わせるカクテルなどと違って、果実を漬け込んでつくる果実酒は「酒類の製造」に当たるというのです。
---------------------------------------------------------------

5月8日国会でも取り上げられたこの問題ですが税務署の対応がころころと変化し、何となーく不信感が沸いてくるこのごろ

果実酒はそもそもホワイトリカーとかブランデーとか、すでに酒税を払って買った酒に漬け込むものですよね
お金もらったらアウトなのかな?酒税法って難しいね
こないだ書いたガソリン税に消費税の2重取りみたいなもんでしょうか?
果実につけて提供するともう一回酒税納めろってこと?
税金は一度払ったけど、いわゆる「どぶろく裁判」みたいなもん?

自分的には、収穫した貴重な木の実なんかを保存する意味があったり、滋養強壮のために成分を抽出するためだったりとお酒じゃない効能を摂取するためだったりします。

国会でも質問が出ましたが
手作りの果実酒をプレゼントしたら、違法だという事をご存知でしたか?」(民主党・逢坂誠二議員)
これはさ、普通にあるよね田舎だし、親告罪かな(笑)
ワインを使った煮込み料理出しても酒税法違反か
(煮込みが足りずにアルコール分が残ってたらアウト!とか)
重複課税したいだけ?

この酒税法は実に明治時代に作られた法律だそうな(古っ!)
果実を混ぜるとリキュールになるからその差額で酒税法違反にはなる
ただしリキュールの方が税率低いけど(笑)
(ただしエキスは2度以下らしい)

ニセコのペンションオーナーはお酒を作っていたのではない、お酒に果実を漬け込んで出していただけ、ワインを使った料理とかスィーツを作って出したのと同じでは無いんだろうか?

自分で作るのはいいけど客に出すとまずいと言うなら、加工したお酒はダメなら、そうなると「ふぐ酒」も「スッポンの生き血に入ったお酒」
市販の酒を加工したらダメだったら、カクテルだってダメ
みーんな違法って話になっちゃう

そして廃棄しろと通達
はぁ?違法なら没収ですよね
何で見にも来ないで違法だ廃棄だ言ってんだろう
責任者出てきて、自分でやりなよ
育てた作った物を無料で捨てられる生産者さんは居ないですよ

昔は酒税が税収の柱だった時代もあって、法律を厳密に適応すると果実酒もアウトなんだけど抗議の声が強くて家庭で自家消費用に作る分は見逃すことになったというのが事実
でも発酵させているわけじゃないんだけど
それでも、この事実でいつでも違法ですよって、逮捕出来ちゃったりします。
都合の良い時にね
これが真実です
ただ、不公平感は否めない

こんな黙認しても良い様などうも良いことを一々問題視するのに、実態としては完全な賭博で、依存症やら自己破産やらで問題抱えてる30兆円の規模を誇るパチンコ業界からでも税金取ったら良いんじゃないの
いや、これは触れちゃいけない話だったか・・・
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。