スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

りんごの新顔紹介

りんごの世界の変化はこのところ急速に進んでいます。
今何を植えたら良いのかは苗木業界の腹づもりともからんで複雑なのです。
今植えた品種が当たりなのかはずれなのかが分かるのは、まだまだ数年先のことですよね。

最近の品種で期待しているのが「トキ」です。
いや鳥の名前じゃなくて、りんごの品種名です。
「王林(おうりん)」と「紅月(こうげつ)」の交配品種で、果皮は黄色で陽光面は赤く色づきます。見た目は無袋の「金星」かな。
種親が「王林」花粉親が「紅月」
「王林」(ゴールデンデリシャス×印度)「紅月」(ゴールデンデリシャス×紅玉)
青森県の五所川原市の土岐伝四郎氏が育成。

果肉はやや黄色で果汁は多く甘酸香りクリスピーで美味しかったです。
昭和60(1985)年に登録されました。
これが「トキ」です。
北海道余市産りんご「トキ」


次の期待りんごは「シナノスィート」
元々は「あじぴか」と命名されましたが、同じ名前がみかんにもあることが判明して使用できなくなったとのこと。
「ふじ(デリシャス×国光)」×「つがる(ゴールデン×紅玉)」を交配。
1978(昭和53)年に長野県果樹試験場が選抜育成しました。

縞目が入った赤から濃赤色に色づき、果汁が多く甘く香りも良く、食べた後の感じがとても良かったです。
甘くても繊維を感じることも多いのですが、これは口残りが少なくまろやかでした。
北海道余市産りんご「シナノスィート」


りんごを提供してくださったのは「蛎崎」さん。
スペシャルサンクス!
りんごはどんどん変わります。前へと進んでますよね。
自分も前へ進まないとなぁ。
新しいりんごを食べるたびに思うわけです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。