スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2008年の農薬餃子事件から見えた「中国食品の真実」1:「濃縮還元果汁」

農薬餃子事件発覚から急激に中国産表示の販売食品が減って来ました。
以前から多少の不安を感じながらもスーパーで購入する食品の選択肢が狭くなってしまったこの頃

本当に欲しい物が売ってない!状態はこれからも続きます。
何故なら少ないし高い。利益追求の大資本企業には儲からない商品は飾りだけで良いからです。

では消えた中国産の食品食材はどこへ行ったのでしょう。

みなさんは濃縮還元果汁という言葉の意味をご存知でしょうか?
天然果汁100%と表示された横に「濃縮還元」と書いてあったらほぼ外国産の果汁です。
安く国内に出回る100%ジュースのほとんどがこれです。
何故「濃縮」なのでしょう。
果汁というのは水分が90%にもなりますから産地では果汁を特殊なフィルターでこして水分を取り除き1/5~1/6に濃縮します。加熱して殺菌してから輸送したり保存したりします。
そうすると輸送も保存もコストが1/5になるわけです。
日本に輸出され日本で水で5倍に薄めれば「果汁100%」になると言うマジック(?)が使われています。

これはウソとは言えないけれど本当の果汁と言えるのかと常々思っていました。
しかも加えられる砂糖や香料保存料に安定剤、加熱で失われたビタミン類などの添加物。
トマトジュースや野菜ジュースもまた同じようなものです。
一番の心配はどのような原料が使われたのか良く分からない部分です。
(一部企業には果汁の産地の明記はありますが)
これは天然なのでしょうか。

今の日本の天然の濃縮還元の果汁の大産地は「中国」なのです。
りんごについて言えば国産の4~5倍の「中国産のりんごジュース」が販売され消費者は気づかずに購入しています。
中国のりんごは生では輸入されていません。
強力な発ガン物質の「アフラトキシン」が検出されたこともあります。
作る時にかける農薬も強烈ものが使用されているのはもう既出ですよね。
良く洗浄しないで搾ったのかも知れません。

また中国産の果汁はアメリカでサプリメントなどにも使われています。
ナチュラル甘味料などとしてまた日本にもやってきます。

濃縮ではない果汁は「○○(県など産地名)」が必ずあって更に「ストレート果汁」「天然果汁100%」と表示されています。

今の世の中儲かれば偽装なんて何でもない人たちがたくさんいます。
紛らわしい表示も問題だけれど実態はこうだという知識は持っておいて損はないですよね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。