スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「米の作りすぎは、もったいない!」に農家反発

ポスター:「米の作りすぎは、もったいない!」に農家反発
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080226k0000m040074000c.html
東北農政局が作った「資源のムダづかい」など刺激的な文言も含まれた「米の作りすぎは、もったいない」ポスター

東北農政局が作った「米の作りすぎは、もったいない!」「米の過剰作付けは、資源のムダづかい」というポスターに対し、地元の農家が「一生懸命米作りをしている農家の誇りを逆なでしている」と激しく反発。東北6県の農家約6000戸でつくる東北農業農民団体連絡協議会が25日、同局に文書で抗議するとともにポスターの回収を求めた。

 「米の生産調整」への理解を深めてもらおうと局内で文言などを検討し、3万枚作製。今月から東北地方の農協などに張り出された。「MOTTAINAI」という文言付きで、「麦・大豆等へ転作し、自給率を向上」「限られた水田を有効利用することが、国民共通の利益」などと呼び掛けている。


カラー印刷で3万枚作成する金があれば、もっと他のことできるんじゃと思う人はいっぱいいるんだろうなぁ。
それでなくてもやる気なくなっている農家に衝撃的な言葉投げかけて農政局って何者!と思いました。

普通に「転作しましょう」「小麦が足りません」「大豆もお願いします」で良いのにね。
米は中国人が食の安全に不安を感じて日本から買いまくってるのと日本食ブームで世界的に需要があるのに、日本人は毒入り中国食をどうぞみたいなもんですよこれ。
パンが値上がりしてるなら例えば学校のパン食をごはんに変えるよう働きかけたりするべきであって、これ以上食料自給率減らすようなことは極力避けるべく。

補助金目当てでみんな米作ってると思ってるのが大間違い。
水田ってすごい貴重な財産なんですよね。
連作に耐える冷害にも耐える、微生物の宝庫です。
でも水田は大豆作るのには本当に向いていないことが多いのです。
大豆作ってるほとんどの農家が赤字経営だし、小麦はさらに単価が安くよほど大規模じゃないと外国産には及びそうも無いのが現実なのです。

米やめたからって農業収入だけじゃまともに食べることも出来ない兼業農家ばっかりになって今や農産物の生産量は10年前の半分以下ですよ。
食糧自給率39%の国の農政局なんてしょせんこんなもんかって思うようなポスターですよね。
フランスに比べても農家は本当に守られていません。
小麦や大豆にも補助金出す!とかなら食いつく話だと思うけど、貿易黒字のために大豆小麦を輸入せざるえない今の国策じゃ、それも望めないのが現実。

米というか稲からできるものはたくさんあります。
米、酒、菓子類、バイオ燃料(バイオエタノール)、セラミック、ダイヤモンド、薫炭、土壌改良剤、畳、家畜の餌及び敷き藁、脱臭剤などなど。
いっそ企業に働きかけてこういうものを古米などから作って戴いてはいかがでしょうか。

日本の小麦はどうしてもグルテンが少なめなので中力粉種(うどん等用)が多いんですけど、今北海道などで作られている「キタノカオリ」(強力粉)、「ハルユタカ」(凖強力粉)などの生産量が増えれば、パンなんかもいけるんじゃないかなと思います。
北海道では小麦の開発にも力を入れていて超強力粉も開発中だそうです。

言葉は選ばないと本当に人を傷つけるんだなぁと思いました。
農政局は上から目線で批判する前に、もっと現実を見て欲しい。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。