まだまだ続く値上げの連鎖

投機マネーがまたもや原油に悪影響で価格が最高値だって・・・
ガソリン、灯油がまたまたまた値上がりするのは確実です。
原油の高騰は直接的な燃料を高くするだけではなくて、輸送費の上昇からさまざまな方面の価格に影響します。

特に小麦はオーストラリアの干ばつやインドや中国の需要増やバイオ燃料生産穀物への転作で生産量そのものの減少も大きいです。
この1年で何と2倍の価格にまで高騰しました。
小麦は主に各国の政府売り渡し価格が上昇するから価格が上昇するのです。
こういう品種を主に輸入しています。
アメリカ(ダークノーザン・スプリング)(ハード・レッド・ウィンター)(ウェスタン・ホワイト
カナダ(ウェスタン・レッド・スプリング
オーストラリア(スタンダード・ホワイト
国際相場との乖離が指摘されていますので、まだまだ上がりそうです。

政府の原油高政策はいったいどうなっているのでしょう。
地方自治体では低所得者向けに灯油代の補助を出しています。
輸送業者には高速料金を値下げしました。
中小企業向けには公的な融資の返済条件緩和。
下請け業者等の価格転嫁対策(具体的には不明です)
農林漁業者への経営支援(これも具体的には不明)
しかしですね、
ガソリン税の暫定税率は継続だし10年延長です・・・

間に合わせ対策っぽいけど

今自分の生活を見直しても節約できるところは本当に少ないです。
収入は伸び悩み続けるし・・・
総務省の消費者物価指数によれば、エネルギーや食品の上昇にもかかわらず物価は上がっていません。
これって買い控え?
景気がマイナスになるのは必然です。
ガソリン税を一般化して財源にでもしないとヤバイでしょこれ。
道路いくらきれいになっても車は走らないとか、笑えない話だってね。

このままじゃ、どっちにしても税収減るって。
でも消費税上げたって、使えるお金が同じじゃ今回と同じことのループになるだけ。
連鎖するだけ。

輸入依存している大型販売店にも今回のいろいろ見直さなければならない事件の続発には頭が痛いでしょうね。
今国産ものに変えたくても変えたくても無いんだからさ。
輸入依存してるってことは、こういうことですよね。
誰がこんな国にしちゃったんだろうと責任転嫁してても始まってしまったわけで。
物価上昇の連鎖は終わらない・・・
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する