スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「事故米の不正転売」事件は、どこまで広がる?

お金儲けのためなら毒も売ります
モラル?なんて、そんなの関係ねぇ
こういう会社とか最近多いよねぇ

お金のために悪魔に魂を売り渡すなんて
人としてどうなのって話ですよね。
この「事故米」って名称がすでに分かりにくい
「汚染米」にして欲しかったところ

そもそも発端は残留農薬に対する法律の強化。
平成18年5月に食品の残留農薬などの規制が強化されたことに伴い、これまでは流通していた大量の米が事故米になったのです。
そこで困った政府は、買ってくれるなら誰でも良い状態になったのでしょうか。

大阪市の米粉加工販売会社「三笠フーズ」による事故米の不正転売問題で、平成18年11月に農薬のメタミドホスに汚染された事故米を政府が初めて売却することを知った冬木三男社長(73)が「いい米だ。全部買いたい。少なくとも3分の1はほしい」と周囲に話していたことが10日、分かった。
入札には冬木社長自らが出向き、工業用のり原料の相場の2~3倍の高値で落札したという。

この事故米は九州工場で約1年間保管され、農薬の残留濃度が低下した後、宮崎一雄・非常勤顧問らが偽装工作をしたうえで食用として売却しており、冬木社長が当初から食用転売を目的に購入し、宮崎顧問と結託して売却していた構図が浮かび上がった。

三笠フーズによると、落札された事故米は基準値を超えるメタミドホスが検出された中国産のもち米の一部。18年5月に食品の残留農薬などの規制が強化されたことに伴い、これまでは流通していた大量の米が事故米になった。

冬木社長はこの米が売却されることを知った際、「普通に食べられた米が安く買える。あればあるだけ買いたい」と意欲をみせていたという。

11月に東京で行われた入札では5~6業者に競り勝って約500トンの落札に成功。落札価格は相場の1トン当たり5~6円を大幅に上回る9~14円で、輸送費などの約30円を上乗せすると、工業用のり原料の相場を上回る恐れがある採算性の低い取引だった。競合した業者からは「なんでそんに高く買えるんだ」と疑問の声が上がったという。

その後も19年5月ごろまでに汚染されたもち米計800トンを購入。宮崎顧問が自らが経営する個人企業などに転売して食用に偽装したうえで、一般の米穀店などに売却していた。

宮崎顧問は産経新聞の取材に「水にぬれた事故米は臭くてとても食用にならないが、農薬米は別物。一緒にされては困る」と話しており、農薬汚染に対する危険性の認識の違いが不正の背景にあるとみられる。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080911/crm0809110117002-n1.htm

さぁ、この汚染米って人間意にとって、どんな影響があるのでしょうか?
東京都健康安全研究センターによれば

●カビ毒(アフラトキシン)
カビの中には、毒性の強い物質を作り出すものもあります
カビ毒の中で最も毒性が強く、食品に汚染が見られるアフラトキシンについて説明します。

カビが作り出した物質のうち、人や動物に対して毒性を有するものは、
カビ毒と呼ばれ、人や動物の肝臓、腎臓、胃腸等に障害を与え、ガンや死亡もあります。
カビ毒は、食品を汚染する場合もあり、その対策が世界的に大きな課題となっています。

アフラトキシンは、昭和35年に英国で10万羽以上の七面鳥が死亡した中毒
の原因物質として、飼料に使用されていたブラジル産のピーナッツミールから
発見されましたアフラトキシンには10種類以上あることが分りました。
特に重要なものは、アフラトキシンB1、B2、G1、G2とM1です。

 アフラトキシンは、発見後直ちに、多くの研究者によって毒性の調査が
行われ、多くの種類の動物や魚に対して非常に強い急性毒性と発ガン性を
有することが分かりました。

 人に対しては、昭和40年代後半からインドやケニアでアフラトキシンによる
中毒と考えられている事件が発生しています。昨年(平成16年)もケニアで
高濃度のアフラトキシンに汚染されたトウモロコシを食べたことにより、
120人が急性肝炎等の症状で死亡したとの報道がありました。

 また、アフラトキシンは特に発ガン性が強いことが特徴です。
わずか15・g/kg(・g:百万分の1g)のアフラトキシンB1を含んだ飼料で
飼育されたラットは、全て肝臓ガンになりました。
 さらに、アフラトキシンは、人の肝臓ガンの原因物質の一つと考えられて
おり、多くの疫学調査が行われています

亜熱帯地域の国々で行われた疫学調査では、アフラトキシンの摂取量と
原発性肝臓ガンの発症数に高い相関が見られました。

また、世界保健機関(WHO)による発ガン性評価でも、アフラトキシンは、
人及び動物に対して最高ランクに位置付けられています。

規制値を上回るアフラトキシンが検出された食品は食品衛生法違反となり、
行政処分等によって排除されます。

 規制値を上回るアフラトキシンB1が検出された食品のうち、
はと麦はタイから、
ピスタチオナッツはイランから、
製餡あん原料用雑豆はミャンマーから、
ナツメグはインドネシアから輸入されたものでした。
ピスタチオナッツの中には規制値の100倍以上のアフラトキシンB1が検出された
ものもありました。

 日本ではアフラトキシンM1には規制値は設定されていませんが、
ナチュラルチーズから検出されたことがあります。これは、チーズを製造する
ときに付けるカビによって作られたものではありません。
アフラトキシンB1を含んだ飼料を乳牛が食べると、
乳牛の体内でアフラトキシンB1が代謝されてアフラトキシンM1となり、
牛乳の中に出てきます。原料の牛乳にアフラトキシンM1が含まれていたため、
作られたチーズからアフラトキシンM1が検出されたのです。

 アフラトキシンが検出された食品の中には、はと麦やそばのように、
煮る、ゆでる等の調理を行ってから食べるものがあります。
調理によってアフラトキシンがどうなるのか、実験を行いました。
アフラトキシンに汚染されたそば粉でそば麺を作ってゆでてみると、
ゆで水に一部溶け出しましたが、ほとんどのアフラトキシンは麺に残って
いました。 以上の結果から、食品中に含まれるアフラトキシンは調理加工
では減少せず、ほとんどそのまま食品中に残存することが分かりました。

 アフラトキシンは、加熱調理でも減少しないことが分かりましたので、
残念ながら、消費者自身がリスクを減少させることは困難です。
従って、汚染された食品は、消費者の手に渡る前に排除する必要があります。


怖いよ・・・
何でも致死量が他の物質に比べて少ないらしいです。
人間の体重1㎏あたりの致死量
モルヒネ    500mg
サリン     100mg
メタミドホス   7.5mg   農薬・汚染米に残留
青酸カリ     4.4mg
アフラトキシン  0.0006mg カビ毒・汚染米に付着

アフラトキシンが起す肝癌の死亡率は三笠フーズの工場に近い佐賀が日本一、福岡が第2位と高いのは本当です。
お金儲けと人の命を天秤にかけてたのか・・・

汚染米は三笠フーズで終わりではないし、ここ10年で摂取したアフラトキシンの量を考えると身震いしますよね。
アフラトキシンや発癌性については報道なしです。言ったとしても「カビ」程度で軽い扱いしています。
政府も食品会社に事故米卸すのが有り得ない。
入札は工業原料専門の取扱業者に限定するべきでした。
というか今時、糊の原料にお米使うなんて聞いたこともないけど。
お役人の言い訳のシナリオ書いた人はそういう知識もナッシングとかかも。

まずはマスコミは「メタミドホス」じゃなくて「アフラトキシンB1の発ガン100%」ってちゃんと報道して欲しい。
それと「ミニマムアクセス米」の輸入は、毒米を買う契約だったわけではないので輸出国にも責任を科すべきだと思う。
食い物買ったのに毒でしたなんて刺客かよと思いました。

農水省と業者の癒着も疑わしい。
在庫を処分したい農水省
利益を上げたい業者
利害が一致したからって麻薬取引みたいな関係。

詐欺で儲けるために三笠フーズが「売ったのは100%ガンになる米だった」のは事実
早く公表するべきです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。