スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「登録料払い忘れた」で登録取消。24年の歳月と開発費2億4千万がパーに!

少し前に開発したばかりのりんごのニュースをTVで見たばかりだったのに、
このニュースを聞いて???でした。

青森県は24日、特産リンゴ「ふじ」に並ぶ有望品種として、24年をかけて開発した
「あおり21」の品種登録が取り消されたと発表した。

 農水省に手数料を支払わなかったためで、種苗法では名前を変えても同じ品種は
再登録できず、新品種を開発し直すという。

 2006年3月に登録を出願し、農水省は今年3月、官報に登載した。しかし、県の
担当者は6000円の登録手数料を期限の1か月内に納めず、同省が今月17日付で
取り消した。品種登録されると、県は30年間苗木を独占管理でき、生産するには許可が
必要となる。県外に出さないこともできたが、登録取り消しで苗木流出の恐れが出てきた。

 県は品種改良に毎年1000万円程度の予算をかけており、「あおり21」は1984年、
「ふじ」と他品種を交配させて開発を開始。実に袋をかけなくても夏まで出荷できるのが
特長で、手間をかけずに品薄の時期に高価格で売れる品種として期待が高まっていた。

 三村申吾知事は記者会見で「残念至極な思いでいっぱいだ。大変悔しい」と涙ぐみ
ながら陳謝した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081024-OYT1T00869.htm
(記事はもう削除されています)

取り消す前に確認の連絡とか無かったんだろうか?
農水省ってどんだけ冷酷なんだろうとふと思ってしまいました。
米作るなとかいろいろやってくれるよねぇ。
ルールを振りかざすだけで良いのかなって思うこの頃。

「あおり21」と一緒に取り消されたのが「あおり27」
ちなみに「あおり27」は皮むいたりすりおろして3日おいてもほとんど変色しない品種。
「あおり」=「青森の林檎」ということです。

農水省ってムカつくような事件ばっか起してるのに身内には甘くて他者にはホントに厳しいよね
たった6000円の登録料支払い忘れただけなら倍額とかの罰金的なもんで許すとか1年くらいの特例があっても良いじゃんね。
他県に流れるだけならまだしも、中国やオーストラリア・ニュージーランドに流れるのは必至じゃないですかこれ。

税金で開発したならそのくらい何とかして欲しいもんだわ。
単なる無駄遣いで国益の損出になったらどうするん?
もちろん農水省がどうとかっていうより前に種苗法が問題なんだろうけど。
毒米の責任もどっかに行ってるし、何だかなぁですね。

農水省というところは事故米で法律違反しといてこういうのは法律守るんですね。そうですか。
農家の人手不足や収入のこと考えると切ないなぁ。
というお話でした。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。