スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2008年反省会会場・・・

2008年も今日でおしまいですね。
今年もたくさんの皆様にご利用していただき、本当にありがとうございました。

いやぁ、WEBに関しては今年は反省することばかりです。
まず更新が出来てない。反省以前の問題かも知れません。
やはり片手間で出来ることではないので、時間を見つけて(←ここが一番も問題)
とにかく時間に追われてしまい、やりたいことが進まないまま1年があっという間に終わってしまいました。
申し訳ありません。

さて収穫物の様子です。

「りんご」
遅霜と春の雹害、秋の強風と突発的な天気に振り回された年でした。
夜の温度が高いため色つきが遅れ、収穫時期が遅かった。
味は良く全体的に糖度は高め。
価格が上昇せず、りんごの消費の落ち込みを実感しました。

「ぶどう」
花時期の低温が響き収穫が減る。
夜温が高いため酸切れが遅かったけれど糖度は高かった。
手入れの良し悪しで品質にかなりの違いが出てしまい、価格は二極分化しました。
1箱2kgが定着。

「梨」
春の雨不足で肥料が樹に行き渡らず2年連続でケイ酸不足。
ケイ酸不足になると変形果が多くなる。
春の霜のせいで受粉率が下がり、収穫が3割ほど減。
千両梨が激減。洋ナシ中心になったのを実感。

「めろん」
収穫が早まり、端境時期がずれ込む。
前半のルピアレッドは評判がとても良かったが、後半の「R113系」が硬すぎると不評も。
収穫から食べる時間までが長すぎるのも良くないのかなぁ。
新しい品種も増えて選択肢が広がるのは良いと思う。

「さくらんぼ」
北海道で最適だったはずなのに高温すぎて色がつかない。
品質が劣化するのがとても早く苦戦。
花時期では品種ごとに開花時期がずれて「南陽」などが減りました。
(自家受粉できない品種には相棒が必要ですよね)


気温の変化や突発的な気象で作物は本当に予定通りには育たないですよね。
そこが面白いところであり、悩みどころでもあります。
植物が何を教えてくれるのか毎年本当に楽しみなんですよ。


今年は喪中なので新年の挨拶は遠慮させて戴いております。
皆様にとって素晴らしい一年になることを祈っています。
良いお年をお迎え下さい!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。