スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

昨年は「低タンパク米」いっぱいだったけど、今年はどうかな:道産米

昨日は本当に急に寒くなって紋別では雪が降ったそうです。
去年もありましたよね、5月に遅霜が降りて、開花時期だった果実の結実が心配だったこと。
さすがに氷点下にはならなかったのですが、今がピークの「グリーンアスパラ(露地物)」が少しやられました。

霜の心配が終わると田植えなんですけど、今年はキララがほぼ無くなり
「ななつぼし」「ほしのゆめ」「おぼろづき」「ゆめぴりか」「ふっくりんこ」などの比較的新しい品種が主流になりそうです。

ホクレンによると昨年はたんぱく質の含有量が6.8%以下で味が良いとされる「低タンパク米」が9割以上と平年の6割を大きく上回り米価が上乗せされてました。
ちょうど原油価格高騰で苦しんだ時期だったので1俵当たり500円とは言え、うれしい事ですよね。

お米はたんぱく質が少ない方が軟らかくてふっくらと炊き上がります。
もちろん市場の評価も高く人気です。
これは夏以降の天気が良くて籾の数が増えて稲がでんぷんを作り続けたために相対的に米の中のたんぱく質の量が減った結果だとのこと。
以前は道産子もコシヒカリなどの内地米を多く食べていましたが、研究や食味の改良によって、道産米の食率は80%に近いです。
本当に美味しくなりましたよ。
自分的には「おぼろづき」と「ななつぼし」の5:5のブレンドが好きです。

北海道米の次期エースと言われているのが「ゆめぴりか」です。
銘柄を伏せての試食会でも常に1位でコシヒカリをダントツでかわしています。
モチモチ感、甘さ、ふんわり感、さらに香りが良い気がします。
今年から一般への販売が始まるということで楽しみですね。

お米は「アミロース」の値が低いほど粘りがあります。
「おぼろづき」「ゆめぴりか」は16%以下でコシヒカリよりも低いんです。
ここ最近は粘る方が人気なんですよね。
自分的には「ななつぼし」くらいがちょうど良いんだけどね。お寿司とかに最高だし。
おぼろづきは炊き込みご飯なんかに向いてます。

つばめももうすぐ赤ちゃんが生まれます!
つばめくん
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。