スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

北海道の新しいお米「ゆめぴりか」を食べて見ましたが・・・

「ゆめぴりか」が品薄で買えないとか聞きましたが
幸運なことに、いつもメロンを戴いている蘭越の「三浦農園」さんから試食を戴きました。
蘭越三浦さんちの「ゆめぴりか」

三浦さんちでは他にもいろいろな種類のお米を作っています。
メロンだけじゃなくお米も美味しいのだ!

さて「ゆめぴりか」
末端の市場価格では10kgで5000円とか、コシヒカリの上物並みです

すぐに炊いて食べました。

うーん・・・
香りが無いです
粒が小さいです
確かにもちもちしてますが、「おぼろづき」や「ふっくりんこ」との違いがあまり感じられない・・・

冷めてから試食
うーん
あまり好みでは無いかも・・・

アミロース少ないお米は他にもあるから違うのにして欲しかった感じかも
こうやってテレビでどんどんCMしても、食べてがっかり系かも・・・

生産者さんは外部に流すと来年から種籾がもらえないとかで
ホクレンに一元出荷が義務化されていますが、
この宣伝広告費が出荷価格から差し引かれるってどういうこと?かな
電通の思うつぼじゃん・・・

TVに誘われて、これを食べて消費者が納得するかしら
あぁ、前にもあったよね
北海道で始めて育成栽培されたりんご「ハックナイン」ってのが
あれって誰が味とか栽培のしやすさとか試したのかなぁ
消費者あっての生産だってこと忘れてないですか?

注意:個人的な感想で、決して批判ではありません(汗
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。