季節に合わせて食べよう:梅雨の頃

こちらには、梅雨はありませんが、年々温暖化傾向にあって湿度が高い時も。

梅雨は春と夏の季節の変わり目です。
だから、身体も変わるのです。
体調も崩しやすくなります。
寒暖の差があったり汗もかきやすいし、身体も冷やしやすいですね。
お腹を壊したり風邪をひいたりしやすいのです。

体調を整えるには、どちらにも偏らない中庸が1番の食べ方ですね。
それは、穀物中心が良いと思います。

夏の野菜は身体を冷やす効果がありますから、暑くなってから。
では、何を可と言えば、乾物や海草などがお勧めですね。
特に「乾物」
干すことによってお日様の「陽」のエネルギーが多いのです。
梅雨はどちらかと言えば「陰」これでバランスが取れるかな。

「切干大根」「麩」「高野豆腐」+「ごま」「豆」などはどうでしょう。
高野豆腐はたんぱく質が多いので、特にお勧めですね。
春にたくさん取った「強アルカリ」で「陽」を減らしたので、ここで補給も良いですね。
梅雨時期は、乾物などの保存食も痛みますから、ここで食べきってしまうと一石二鳥でもあります。

季節を上手く使って生活の知恵で生きてきた日本人のすごさでもあります。

体温調節や発汗作用のものを食べましょう。
梅干=クエン酸が疲れを取り、お腹の調子を整えます。殺菌効果も見逃せない。酸味も食欲増進に。

梅肉を使い「梅ごはん」「梅酢ドレッシング」「いわし(さんま)の梅干煮」など梅の料理も効果的です。

じめじめした梅雨には、明るい色のパワーのあるものが良いよね。
着るものも、明るいものにしてみては、いかがですか?
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する