スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

■北の果族■の2010年反省会-その2


■北の果族■の2010年反省会-その1
■北の果族■の2010年反省会-その2
■北の果族■の2010年反省会-その3
■北の果族■の2010年反省会-その4



続きです

■メロン■

5月6月の低温日照不足の影響で、収穫は遅れ玉伸びも遅れました。
お中元時期から多少のずれがありました。
赤肉メロンは、
収穫時期のタイミングが非常に難しい年で、果肉の成長と果皮の成長が合わずに裂果続出!
そこまでならさないと味が乗らなかったとか。
「ルピアレッド」が主流になり、後半は「R113U(羊蹄レッド)(らいでんレッド)」が主流になりつつあります。
後半のR113Uは、果肉が硬めなので追熟に時間がかかるという説明が足りなかったです。

8月のに入ってからは順調でしたが、前半の評判のせいか販売数は伸びず。
過熟も目立ちました。
(当然ですが廃棄も過去最大量でした)

青肉メロンは、
「ファイングリーン」「乙女」「キャナル」ライフメルティ」「キングメルティー」「クラウン」「G08」
意外にもどれも美味しかった気がします。


■ブルーベリー■

こちらも大苦戦しました。
まず糖度は高いのに酸味が強い(多分果実全体がそうだったかも)。
収穫時期がとても短く、後半は果肉の柔かさで生食で販売できない物が多かったです。

冷凍販売に切り替えましたが、価格の高さがネックに。
まだまだ課題が残りました。

その3に続く
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。