スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

■北の果族■の2010年反省会-その3

■北の果族■の2010年反省会-その1
■北の果族■の2010年反省会-その2
■北の果族■の2010年反省会-その3
■北の果族■の2010年反省会-その4


■いちご■

いちごも高温多湿に弱く、苗自体がうどんこ病などに侵されやすい年でした。

健太郎も果肉先行で柔かめ。酸切れ待ちで果肉軟化はさくらんぼと同じですね。

四季成りの夏秋いちごもうどんこ病にやられ花房休が長くなってしまいました。
いちばん需要のある時期に生食用に販売できず。

ジャムなどの加工用が多くなってしまいました。
それは心が折れますよね。
来年の作付けは未定です。


■プラム・プルーン■

さくらんぼと同じような推移。
花落ちダメで、菌が果皮に付くの繰り返し。
全体の半分くらいが被害に合いました。

今年くらい加工用が多かった年は無いです。

さらに、虫の食害がダブルパンチです。
色も味も良かっただけに残念。


■桃■

桃は生産者さんが春からどれだけ手入れをしたかで味が決まりました。
日焼け、灰星、いろいろな要因で減作。
暑さもあったけれど、裏年なせいか果実全体が少なかった。

B品が非常多く、訳あり桃で店頭販売しました。
毎日買いに来てくださった皆勤賞の男性に拍手!


■とうもろこし■

出だしは遅かったのですが、休まず「薪で塩茹とうきみ」を販売しました。
「恵味(めぐみ)」が一番安定して販売できました。
他にも「キャンベラ」「ピュアホワイト」「夢のコーン」「ピクニックコーン」なども茹でて販売。
全体的に好評で、売れ残りがほとんど無かったという珍しい年でした。

需要が多い旧盆頃に収穫が切れてしまったのは、暑さのせいで
後撒き物まで一緒に熟して前倒しで収穫時期を迎えてしまったせいですね。


その4に続く

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。