スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

原発って何だろうと調べて見た

原子力発電
いったいどうやって電気を起こしてるんだろうと調べて見た

軽くショックを受けました
要するに
核燃料でお湯を沸かして蒸気でタービンを回して発電しているだけだったんですね
お湯を沸かすだけなら、日本にはたくさんの発電源があるような気がする・・・
核燃料でお湯を沸かすという意味が良くわからない

もっとショックだったのはここを見てからです

元・原発技術者から見た東電の実態
2003年3月31日の講演でのお話だそうです。

何故に福島原発の3号機の屋根が簡単に吹っ飛んだかが良く理解できました。

後半の
●原発が嫌になった2つの理由・・ヒバク労働とお金
この部分に原発が近い未来には無くなる理由がある気がします。

僕は原子炉のリアクタービルディングと呼ばれているような一般的な配管とかバルブやポンプのあるところだけじゃなくて、お湯を沸かす原子炉の中にも入るような仕事を経験しています。これは古い原子炉でやっています。これはとんでもない被曝作業で、外国人の労働者をたくさん使ってやったんですけれども、大変な恐怖の仕事です。そういうことが原子力発電所がある以上は続くということですね。何もそんなことしなくても、別な方法で電気を起こせばいいのです。そんな必要がないということです。

それとですね、同じくらいのウエイトで嫌なのは、原発の建ったところの地方自治体の行政が腐りきってしまうことです。みんなが苦労して、汗水たらして働いて払った税金が軽くみられるようになります。原発の交付金というのは、それだけ一時的には大きいのです。でも、それによってみんなにお金が等しくまわって豊かになるかというと、そんなことは全然ないんですね。まず県に入ります、金は。そこの町や市にも入りますけれども、それが今までの地方財源に比べれば非常に大きい額ですから、もうそれも紐付きで、開発だとかいろんなもの使わなければいかんという項目が決められていて、道路とか例えば箱物といって建物を作るとか、そんな事にばっかり使っている訳です。だから土建屋さんは儲かるかもしれない。でも一般の人たちに等しくお金が渡る訳ではないですね。全然入らないという感じの人がほとんどな訳です。その町からちょっとはずれると、その辺は被害があった時は、同じような惨めな目に遭わなければならないのだけれど、 補償は一切入らないということになりますし、何よりも行政が腐ってしまいます。

●日本中、原発が出来て活性化した町はない

●日本は熱エネルギー源の大国

アメリカではヒートパイプ方式といって深い所にパイプを埋めますと、ヒートパイプという特殊なパイプが熱だけを地上に運んでくれます。ですから、それに水を触れさせて蒸気を作って発電するという方法を今、アメリカが一生懸命進めています。


地熱は良いかもね


●原発は今新しいものを造るより、古いもの壊す方が高い時代
●炉の中の仕事はきれいごとではすまない
●原発でみんなが幸せになれるのか?
●技術者は生命がけ。そしてぼろぼろに。
●電力会社にも国にも隠される極秘情報

今の話に関して特別僕が言いたいことはですね。僕等は事故といいますけども、推進側は決して使いません。よっぽどのことがなければ、死人でも出たら別でしょう。何人か。なかったら事故といいません。みんな事象という言葉を使います。それは事故ではありません、事象ですと。そういう事象が起きただけですと。だけど福島2-3のポンプ事故の前、試運転でも起きていたのです。試運転で機能試験やったらポンプの羽根がぶっとんで、モーターも燃えて、これが世界で一番巨大な原発、最初のパイロットやっていたポンプメーカーの従業員はもう10年前で、僕が働いていた時の人間 はだれもいません。みんな被曝して嫌だから辞めていっています。

2003年時点で、福島原発のポンプ事故が書かれてるんだよねぇ

どれもショッキング・・・言葉もありません

求む!日本のエネルギー知恵者さん!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。