育苗ハウスが出来るまで

2012年の今年は急に暖かくなったり寒くなったり
気象の変化に悩むよねと思って過去ブログ読んでみたら

何とここ数年、同じような気温変化とお天気が続いてた
リーマンショックのあった次の年からずっとや
人の営みも自然の営みも連動するのかなぁと思いました。

さぁ、育苗ハウスを作る事になったのは、本間果樹園さんの離農です
いつもご厚情に甘えて、育苗から作付け場所まで貸して戴いていました
以前は、本間果樹園さんの向かいの山に農地がありました
登町の美沢地区は、新潟からの移住の人たちが開拓した地域です。
この近隣の人たちは、親戚が多かったのですが、
後継者が居なくなったりでずいぶん減ってしまいました

そこを引き続き貸して戴ければとも思ったのですが無理のようで
新しいオーナーさんにもご都合もあるだろうし困っていたら
少し離れた場所の村井さんが、休耕地がたくさんあるから使えば良いと快く貸して下さって
引き続き、とうもろこしや枝豆を植えられる運びとなりました

本当に、本当に、感謝しています。
しかし、育苗まで甘えるわけにも行かず、倉庫の裏の畑に小さいハウスを建てようとなりました
材料は中古を分けて戴いたり、足りない物は購入でできるだけ安くをめざしました。
雪解けが遅く、取り掛かったのは4月中旬

以下画像で
まずは、耕運機(俗称:ラッキーマシーン)で畑起こし
ラッキーマシーン登場
骨組み中
育苗ハウスが出来るまで02
ビニール貼りました
育苗ハウスが出来るまで03
扉もついたよ
育苗ハウスが出来るまで04
四季成りいちご、下は「もちきみ」の復活に向けて水に浸してます
育苗ハウスが出来るまで05
恵味(めぐみ)ゴールドの育苗中
育苗ハウスが出来るまで06
ピンク色のが種です。
発芽して苗に育ったら定植します。

この育苗シートは紙なので、一つづつ放して植えます。

新しい薪用のストーブも完成したし、塩も水もこだわりたい。
今年も美味しい茹でとうもろこしが提供できる事を祈って。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する