スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「紅玉」をweb販売出来なかった理由と「紅玉ジャム」の色付けの話

店のお向かいに露店(6月中~11月初め)を出してから
急がしくカートショップを放置していたら、勝手にクローズされていた!
いや笑えない話なんですが、夏場は在庫管理や品種の移り変わりが激しくて意外と大変です
どうしても、店頭や電話、FAXの対応が中心になってしまい更新できないとなりつつあります。

夏の商品は、価格も在庫も日々めまぐるしく変化するので、
ネットに出品する余裕が無いのが現実です
本当に申し訳ありません

「紅玉」の話に戻ります
紅玉は、在庫があってもなかなかカートに在庫ありと表示させられなくなりました
5年くらい前までは、「余市産の紅玉」は、知名度も薄く売るのに苦労していた気がします
規格外品などは、ジュース用に混ぜて店頭で安く売っていたり

しかし、ネットで出した後に検索から、ご連絡を戴くことが多くなり
お菓子関係やレストラン関係、またパン屋さんなどが、長期の注文を下さる用になったのです
一応、今年の予約数は聞きますが、期間を決めて出荷します
そのため、その期間の間は在庫をして置くことになっています

とても悩ましいんですが、だから昨年はweb販売が出来なかったのです


紅玉の話のついでに
紅玉は、長期に保存していると
「ゴム」と呼ばれる果肉がスポンジ状の茶色に変質する症状が出ることがあります
出荷時期に、そういう果実は取り除く(疑いのあるものも)のですが、それでジャムを作ります

紅玉は皮ごと使ってジャムにするのですが
皮を付けたまま煮ると、後で皮を取り除くのが大変です
2015-NEC_1600.jpg
最近はピーラーで皮を剥いたら「お茶袋」に入れて
2015-NEC_1607.jpg
一緒に煮ます
一晩置いたら、あら不思議、皮から赤い色がでて、キレイな色のジャムになります。
2015-NEC_1603.jpg

皮が多いと思ったら冷凍しておけば、他の品種のりんごにも使えます
紅玉の焼きりんごは最高に美味だと思うこの頃です
2013-NEC_0384.jpg
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。