「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その4

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その1

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その2

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その3


その後、りんご栽培は、各地で展開されて行きます

岩手県では、旧盛岡藩士が、いち早く、開拓使に苗木の要請を出しています

明治6年には、「横浜慶行」「古澤林」の両氏が、苗木を受取りに行き、それぞれの畑に移植しています

この2人は「岩手りんごの元祖」です

その後、結実した赤いリンゴを、明治天皇の天覧の供された事で「横浜早生」と命名します

後に、洋名が「レッド・アストラカン」と分かり「紅魁(べにさきがけ)」で全国的な優良品種となります

この品種は、青森県では「山野早生」と呼ばれていたようで、名前の統一は、明治27年以降の事になります

ここ岩手でも、商人の手を借りずに、生産者自らが東京に運んで販売しています

青森と岩手が、りんごの産地として名前が大きくなって行ったのは、交通網と官民両方の努力の成果なんでしょうね


盛岡果樹協会の自信の裏付けは、岩手植物試験場の「小栗嘉平」氏と、岩手県立農業講習所の「恩田鉄弥」技師の技術指導でした

特に恩田氏は、岩手県だけではなく、近隣県の農家を巡回し指導しています

また、恩田鉄弥氏は「萃果栽培法」「実用萃果栽培書」「実験萃果栽培法」などの著書も出して熱心に研究しています

この恩田氏は、
①りんご栽培を学問として取り上げた最も早い時期の学者
②農家のりんご園を試験場として、試験成果はりんご園で検証するリンゴ園の学者

この著者富士田氏は言っています

恩田氏は、りんご作りから販売、りんご園の経営までを分析した、優れた人でした

この恩田氏の最大の功績は、病害虫対策と剪定だと思います

-----------------------------------------------------------------

秋田県では、古くから和リンゴの栽培が行われていてました

現秋田市の勧業試験場に配布された苗が植えられ、「江間伊織」「吉場唯八」「長谷川謙造」氏などの士族が試植に参加しました

秋田県士族の「江間伊織」氏の庭先に植えられた果実が結実し、大きさに驚いた人たちが栽培へと広がって行きます

このりんごは「江間中手」と名付けられ、その後、全国的には「祝(いわい)」(14号)と言う品種となりました

DSC_1475.jpg


この「」ですが、仁木町の杢保園(もくぼえん)さんに、樹齢130年を超える樹(仁木町の文化財に指定)が現存していて、未だに実をつけます

もくぼ園100年祝画像 020


この「江間中手」は苗を希望する人たちが急増し、苗の販売という事業者が出てくる下地となったようです


リンゴ栽培に当たって、醍醐村(現横手市)の「伊藤謙吉」氏のりんご園を参考にした

藤原利三郎」氏が、秋田杉を倒して開墾し、りんご園にするという事が批判を受けましたが、独自の剪定法を作り出して成功し

「応鷹園」というりんご販売組合で一括販売し、地域活性化にも尽力したそうです


------------------------------------------------------------------

りんご栽培が各地に広がって行くと、混乱しだしたのは、品種名問題です

りんご苗は、75種類をルイス・べーマー氏が選んで、開拓使が配布しましたが

植えて結実すると、各農園で、好き勝手に名前をつけた事で、同一品種が何個のも名前で呼ばれるという大混乱が起こり始めました

また、植えてみれば、買った時の名前とは違う品種の実がなってしまったり

結実まで、5年はタイムラグがあるのですから、結実するまで、嘘をつかれても分からないような状況なわけです

果樹栽培は、やり直しができるような簡単なものでは無いと言う事ですね


そこで、明治17年頃から「石川理紀之助」氏が、信用のおける品種名を、果樹品評会を年11回にわたって行い「萃果品定」を出している

そこには、品種の良し悪しだけでなく、台木、栽培方法の注意点などが、記載されている

その後、明治27(1894)年「萃果名称一定協議会」が開かれ協議し、品種名称が統一されて行きます

明治36(1903)年に、「萃果品定」は完結しました

-----------------------------------------------------------------

後発ですが、福島県でもりんごの栽培が、始まりました

明治17(1884)年の記録によれば、伊達郡大木戸村(現国見町)で栽培が開始されましたが、

綿虫、腐乱病、花腐れ病(モニリア)などの悩まされ、桜桃の栽培が中心となっていったようです


その5に続く

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その5

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その6

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その7

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その8

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その9

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その10(終)


------------------------------------------------------------

旧会津藩士が、北海道の余市でりんご栽培を成功させ、元の会津藩でりんご栽培が成功しなかった

くしくも、初めて結実した余市りんごに「緋之衣(ひのころも)」「緋衣(ひごろも)」(19号)と名前をつけています

そこには、会津藩士の誇りが込められていました

幕末に会津藩は京都守護に任じられ、孝明天皇から下賜された「緋の御衣」は、勤王の象徴であり、会津藩士の誇りでした

平成12(2000)年になって、会津若松市門伝町と余市町での交流を記念して、会津若松市に「緋の衣」が移植されました

DSC_1476.jpg


会津藩士の誇りが、里帰りですね



福島県では、桜桃にと変化したように、今、余市町では、果樹は「ワインぶどう栽培」への流れになっています

北海道初の「ワイン特区」となった余市町では、隣の仁木町と一緒に、余市・仁木ワインツーリズムプロジェクトをやっています


余市・仁木ワインツーリズムプロジェクト
http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/wine-tourism/




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する