「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その5

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その1

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その2

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その3

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その4


りんごの栽培では、勧業寮が主導した事で始まった地域が多かったわけですが

違うルートでりんごの苗が持ち込まれて、勧業寮の苗配布よりも早く栽培を始めていたのが長野県です

信州りんごのルーツは、更科郡八幡村(現更埴市)の和田郡平氏が、有栖川熾仁親王から苗木を下賜されていました

それは、明治6年頃と言う記録があります

和田家は、松代藩時代からの代々続いた庄屋を務めた造り酒屋で養蚕もしています

郡平氏は、郡会議員であり、稲荷山銀行(後の八十二銀行)の初代頭取です

その人が、りんご作りに熱中したわけですから、影響力は半端なものではありません


その後、勧業寮からの苗の配布も始まり、明治12年には、更級郡真島村(現長野市)の中沢治五右衛門氏が2本植えて

明治18年には、村の鎮守祭りで「アレキサンダー・オートレィ」を奉納しお披露目で好評したことで

子息の貞五郎は、横浜で15種類の苗を購入して1反歩を植えています

その後、横浜から購入するルートで、長野県全体で、りんごの栽培が始まっていました


しかし、和田氏や中沢氏のように栽培面積を拡大する人たちは少なく、趣味観賞用であり、商売としては確率して行きませんでした

長野県では、養蚕業の増加時期にあり、実績のないりんごや果樹の栽培は停滞してしまいます


伸び悩むりんご栽培の転機は、明治30年頃で、ちょうど「日露戦争」の始まった頃ですが

県下では、明治26年に桑畑が大凍霜被害を受け、大減収となり、29年には大水害で桑園が壊滅した時期とも重なります

りんご栽培への転作が、起こったのです


----------------------------------------------------------------------

明治の初めに始まったりんご栽培は、北国の商品となり、多くの生産者に歓迎されました

果樹は、お金にならないという定説を覆し、異国の果物に興味を持ち、広めた人たち

種類を整理して、選抜してくれた果樹教師と教え子の方々、図鑑を作って名前を統一した人たち

たくさんの努力と知恵が、りんごを育てて下さった事に、感謝しかありません


ここまで、続いて来た裏には、尽力された人たち、守り育てた方々全ての功績です



そうそう、地域で別々の名前で作られていた品種名の統一ですね

DSC_1472.jpg
DSC_1473.jpg


北海道では、番号で呼ばれる事が多く、6号、12号、14号、19号、49号だけで、年配者には今でも通じます

初めに覚えた事は、意外と覚えているものですね

img10384979669.gif


旭(あさひ)」りんごは、磨くとピカピカと輝いている事から、命名されましたが

元々の名前は「マッキントッシュ・レッド」です

iPhone(アイフォーン)のりんごのロゴマーク、実は「旭」りんごがモデルです

Appleのロゴ
20160417093522.jpg

Appleを作ったのはスティーブジョブスですが、初期のロゴは「時計」だったんですよね

りんごに変えたのは、何か意味でもあったんでしょうか

ピコ太郎氏のPPAPも、素材に選んだのが「Apple」じゃなかったら、ここまで流行ってなかったかもね



その6に続きます

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その6

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その7

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その8

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その9

「りんごの歩んだ道」―明治から現代へ、世界の“ふじ”が生まれるまで 読後その10(終)



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する